生き物がたり

民話 , 生き物がたり

1) ウンタラの主の話

むかしね、ウンタラのシュという、力持ちからもちであたまのいい、すべてをかねそなえたおとこがいました。

民話 , 生き物がたり

2) 南京虫とノミとシラミの話

南京なんきんむしとシラミとノミの三人さんにんはとてもなかのいいともだちでした。

民話 , 生き物がたり

3) 舌切りすずめ

むかし、じいさんとばあさんがらしていました。二人ふたりにはどもがいませんでした。

民話 , 生き物がたり

4) しゃべるヤマガメ

むかしね、やさしくてあたまおとうと意地いじわるあに二人ふたり兄弟きょうだいがいました。

民話 , 生き物がたり

5) 犬と猫が仲の悪いわけ

むかし、あるところに、とてもなかのよいいぬねこがいたそうです。

民話 , 生き物がたり

6) 牛になった正直者

むかししょうじきものおとこがおりました。

民話 , 生き物がたり

7) いたずらたぬきの話

これはむかしくまもとんでいたころいたはなしじゃ。

民話 , 生き物がたり

8) みはぎバトの話

ンキャーン(むかし)つぁ、みはぎバトとカラスはなかともだちだったちゃ。

民話 , 生き物がたり

9) ねずみの恩返し

ンキャーンむかし)つぁ、わかむすめやまへまきとりにくと、むらどもたちがねずみのをつかまえて、ぼうでたたいたり、つついたりしてあそんでいたと。

民話 , 生き物がたり

10) かえるになった息子

むかし、あまのじゃくでらんぼうものむすがいたそうだ。

民話 , 生き物がたり

11) ねずみとやどかり

むかしね、やまなかでねずみとやどかりがばったりったそうです。

民話 , 生き物がたり

12) きつねの借金とり

むかしね、おやくなって、きょうだいだけたりんでおったって。

スペシャル版 , 民話 , 生き物がたり

宮古の人が読みあげる民話1: ウンタラの主の話 / 読み手: 下地イサムさん

むかしね、ウンタラのシュという、力持ちからもちであたまのいい、すべてをかねそなえたおとこがいました。

スペシャル版 , 民話 , 生き物がたり

宮古の人が読みあげる民話4: かえるになった息子 / 読み手: 松谷初美さん

むかし、あまのじゃくでらんぼうものむすがいたそうだ。

スペシャル版 , 民話 , 生き物がたり

宮古の人が読みあげる民話6: 犬と猫が仲の悪いわけ / 読み手: のひなひろしさん

むかし、あまのじゃくでらんぼうものむすがいたそうだ。

スペシャル版 , 民話 , 生き物がたり

宮古の人が読みあげる民話11: みはぎバトの話 / 読み手: 前泊博美さん

ンキャーン(むかし)つぁ、みはぎバトとカラスはなかともだちだったちゃ。