んみゃーち(ようこそ)!

宮古みやこじま民話みんわのウェブサイトへ

Nmyaachi (Welcome)!

to our Miyakoan minwa /folktale website!

民話の旅にでかけましょう!

民話は、太陽、月、星、山、樹、岩など森羅万象に加くわえ、人に始まって牛や馬などの家畜や動物、鳥、蛇、ねずみ、昆虫に至いたるまで、この地球上のすべての生きものが主人公となって登場します。

Let's go on the Minwa journey!

The sun, the moon, stars, mountains, trees and rocks, and also human beings, animals like cows and horses, creatures like birds, snakes, mice, and insects; in other words, all creation could be the main character of a folktale (minwa).

宮古みやこじま民話みんわのウェブサイトへ「んみゃーち(ようこそ)」!

民話みんわは、太陽たいようつきほしやまいわなど森羅万象しんらばんしょうくわえ、ひとはじまってうしうまなどのちく動物どうぶつとりへび、ねずみ、こんちゅういたるまで、この地球上ちきゅうじょうのすべてのきものが主人しゅじんこうとなって登場とうじょうします。

このウェブサイトにげられた民話みんわには、いくつかテーマがあります。ひとひとつの民話みんわんでいただくとして、そのテーマについてしょうかいしましょう。

物語ものがたり」は、ちいさなものから動物どうぶついたるまでを登場とうじょうさせ、ひととの共生きょうせい物語ものがたっています。らいばなしは、なぜしおせいけるようになったかなどを物語ものがたっています。

おにとマズムン(幽霊ゆうれい)のはなしは、おにという架空かくうきものやえない世界せかいげんじつのものとして紹介しょうかいしています。るいこんいんの話」は、人間にんげんほかきものとけっこんするという、ありえないはなしですが、ぎゃくにそれはひとそうぞうりょくたくましくさせます。卵生らんせい説話せつわ日光感にっこうかんせいせつも、たまごから人がまれたり、太陽たいようひかりじょせいいのちごもったりと、普通ふつうかんがえるととんでもないはなし展開てんかいしますが、大昔おおむかしはあったかもしれないとおもわせるようなそうだいはなしになっています。 

継子話ままこばなし宮古みやこではよくかたられるはなしで、継子ままこ悲哀ひあい各地かくち神話しんわでんせつとしてのこっています。「ゆうれいばなしは、戦後せんごぶっとぼしいころかたられたと思おもわれるはなしおお臨場感りんじょうかんがあります。「きょうくんはなし」は、不条理ふじょうりはなしをしたあとで、大人おとなどもたちを常道じょうどうみちびくといったはなしですが、学校がっこうのない時代じだいに、家庭かてい地域ちいきまな大事だいじおしえだったとかんがえさせられます。

「よもやまばなしは、どの項目こうもくにも馴染なじまないはなし雑話ざつばなしとしてくくったものです。でもなかには「うみはな」のようにちょうへんこうこう息子むすこはなしであったり、「さる長者ちょうじゃ」のように、ほんでは「正月しょうがつ」としてひろかたられ、時代じだい物語ものがた貴重きちょうはなしなどもまれています。「でんせつ」は、宮古みやこ昔話むかしばなしとしてたんに「民話みんわ」としてはくくれないものをあつめました。それは、神話しんわであったり、でんせつであったり、ここでも、実際じっさいにあったようなはなしや、ひろかたられているはなしなどがあり、ほかにも、宮古みやこ歴史れきし登場とうじょうする「なかとよ」や、「とびとりしゅ」など数多かずおおかたられています。

最後さいご「とんちばなしはユーモアをまじえてかたられており、従属じゅうぞくの時代に民衆みんしゅうはなしでつづった役人やくにんへのささやかなあらがいだったこととかんがえられます。

このなかでも、とく動物どうぶつ昔話むかしばなし擬人化ぎじんかされて数多かずおおかたられ、民話みんわは「このには人間にんげんだけがんでいるのではないですよ」とおしえてくれているようです。

では、みんたびにご一緒いっしょにでかけましょう。

さどやませいこ

“Nmyaachi (Welcome)!” to our Miyakoan minwa /folktale website!

The main characters in these folktales are quite a mixture: the sun, the moon, stars, mountains, trees and rocks, and also human beings, animals like cows and horses, creatures like birds, snakes, mice, and insects; in other words, all creation could be the main character of a folktale (minwa).

There are several categories of minwa in this website. You can enjoy each minwa in your own way, but here I will briefly explain these categories.

First, ‘Animal Tales’. These tell how human beings can live together with other living creatures and are told by characters like tiny insects or animals. ‘Originating Tales’ tell us about natural phenomena: for example, why salt came to divide life and death.

‘Ogre and Ghost Tales’ feature imaginary monsters like ogres and invisible ghosts as if they existed in the everyday world. Impossible stories like, ‘Marriage between Humans and Non-human Creatures Tales’, give readers the opportunity to use their imagination. The same goes for ‘Giving Birth by Egg and Conceiving by Sunlight Tales’. These are traditional North East Asian traditional myths, but they seem to be somehow possible in the old times.

‘Stepchild Tales’ tell sad stories about stepchildren and their families: however, this type of tale remains popular as myths and folktales in other areas as well. ‘Ghost Tales’ seem to have been popular in the post WW2 era, when people were still very poor - the tales still sound realistic even now. ‘Moral Tales’ often tell about something very unrealistic at first, then show us the right path to learn by. These were tales for children in the time when there were no schools, to pass on the social morals within family and community.

‘Miscellaneous Tales’ contains all the tales which do not fit into any specific category. Among the miscellaneous tales, there are stories such as‘A Flower Blooms in the Sea’, which tells about a dutiful child, and ‘Monkey Lord’, which is known as ‘Fire’s New Year’ in main land Japan. ‘Legend Tales’is a collection of tales about the Miyako islands which are not only categorized as folktales, but also as‘myth’or ‘historical legend’, for example,‘Nakasonetoyomiya’ or ‘Tobitorishu’.

Finally, ‘Comical Tales’ certainly contains plenty of humour, particularly about the time when the Miyako islands were treated as a colony and the people were oppressed: this type of humour was the only way to protest against officialdom.

Among all these themes/categories of tales, the animal tales, where animals behave like human beings, are so numerous it is as if minwa (folktales) are urging human beings to be more sensible as it is not only they who are living on this planet.

Now, are you ready to come on this Minwa journey with us?

Seiko Sadoyama

(Tranlation into English by Sachiyo Fujita-Round)